• dita dental
  • dita dental
  • dita dental
  • dita dental
  • dita dental

IOSについて

IOSとは口腔内スキャナーのこと

口腔内スキャナー

IOSは「Intraoral Scanner」の略で、訳すと口腔内スキャナーとなります。近年、3Dプリンターやミリングマシンによる歯科技工のデジタル化が進んでいますが、チェアサイドにIOSを導入する事により、歯科治療の工程は劇的に進化します。IOS機器はいくつか選択肢がありますが、ディタでは、どのような口腔内スキャナーのデータからも補綴物の製作が可能です。

IOSのメリット

1. 感染症拡散プロセスの削減

2. チェアタイムの短縮

3. 印象材やトレーなどの材料費削減

4. 石膏を注ぐ必要なし

5. 梱包や宅配業者の手配が不要

6. 3Dデータを患者様への説明にも使用できる

7. 顎模型を保存する物理的なスペースが不要

光学印象は材料が不要になるだけではなく、採得も短時間で済み、異物(印象材)の設置もなくスキャナーを口腔内で移動させるだけなので、患者様に快適な治療となるのも大きなメリットです。データは色情報も併せて(※1)ラボへと即時に送ることができるため、精度の高い補綴物をより短納期でお届けすることが可能となります。また、差別化の難しい歯科業界において、自費を選択される意識の高い患者様へ先進のデジタル歯科をアピールできることは大きなアドバンテージとなることも容易に想像できます。しかしながらIOS機器には課題も多く、機材は揃えたものの運用面でお困りの医院様が多いのも現状です。ディタでは2000ケースを超える実績(※2)に基づく独自のノウハウで、医院様や他技工所への確実なIOS運用サポートをさせていただいています。
※1 シェード対応機種のみ ※2 2020年3月時点

IOSの可能性

ディタ補綴研究所ではいち早くデジタル技工を導入し、提携医院様へのIOS導入から運用支援、メーカーと共に精度向上へのノウハウを蓄積してきました。既にIOSを導入された医院様から、導入検討段階の医院様までサポートが可能です。また、CAE(computer‐aided engineering=コンピュータ支援による巧みな工作)という、「動き」「応力」「熱」「圧力」などの物理特性を計算するソフトウェアの運用により、IOSデータから口腔内の高度なシミュレーションが可能となりますので、高効率で満足度の高い次世代の歯科治療を患者様にも実感していただけることでしょう。

ドナー歯移植ツールの製作

IOSの可能性は補綴物製作にとどまりません。弊社では、IOSワークフローを応用し、ドナー歯移植プロセスに寄与できるドナー歯模型、ドナー歯移植ガイド、レシピエントサイト模型の3点セットを開発しました。詳しくはこちらをご確認ください。

お試しオーダー
お問い合わせ
ダウンロード
歯科医院様
技工委託

2年品質保証

ディタの補綴物は条件つき2年保証となっております。条件は素材によって変わりますので、詳しくは別途資料をご参照ください。
※ 補綴物の形成量不足や接着/合着の不具合に起因する破損は保証対象外となります。ご了承ください。


5年保証制度

各種アクシデントに対応する5年保証制度もご利用いただけます。詳細はこちら


認定書

ディタは3shape社(TRIOS)、インビザライン・ジャパン株式会社(旧 アラインテクノロジー社)(iTero)の認定ラボです。


※ 左がインビザライン・ジャパン株式会社認定画面、右が3shape社認定書影です。

dita-ios dita-ios dita-ios
dita-ios dita-ios dita-ios
dita-ios dita-ios dita-ios
dita-ios dita-ios dita-ios
dita-ios dita-ios dita-ios
dita-ios dita-ios dita-ios

SNS LINK

書類ダウンロード

INQUIRY

PAGE TOP